ごあいさつ   ~院長プロフィール

こころの病は、

     こころで治す。

 

 

体が風邪をひくように、

 

  『 こころ 』 だって、『 風邪 』 

 

            をひく・・・・・

 

   体が風邪をひいたら すぐにもお薬をのんだり休んだり、 ご近所の医院を受診するように、 『 こころ 』 が、『 風邪 』 をひいたら、 ちょっと早めに休んで、 ちょっとぜいたくにおいしい物でも食べてみて、 ちょっと誰かに話してみて、 それでも回復に向かわないなら・・・

続きを読む

・・・やはりあなたは、専門家を受診して下さい 『 こころの風邪 』 にも、養生方があるのです。

休み方があるし、 時にはお薬が奏効します。 中でも 「話すこと 」は、 『 こころの風邪 』 の特効薬です。
ただし、 話し方、聴き方にはコツがあります

・・・ 何しろ話せばいい・・のではなく、 何しろ聴けばいい・・のでもなく、 それは、 風邪には、風邪薬でなければならないように・・・ 薬であれば何でもいいんだってことではないように・・・

聴き方の専門家のことを、 精神療法家といったり、心理療法家といったりします。

古く昔から、「風邪は万病の基」・・・・・と、いいますね。 早期発見・早期治療!! 風邪だって何だって、 早く治せば、重大なことにならないのです。

50年も昔、 一般市民は、風邪くらいの事で 医者を受診することはありませんでした。 もう時代は変わったのです。 さらにもう、今世紀、 人々は、『 こころの風邪 』 で、 専門家を受診するまでになりました。

被災したこの神戸は、 その最先端の地になっています。 さあ、 『 こころの風邪 』 かな? と思ったら、 一刻も早く、クリニックをたずねてみて下さい。

神経科、精神科、心療内科に 暗い・怖いイメージを抱く時代は過ぎつつあります。 クリニックには、もちろん 「心の風邪」をこじらせて 「心の肺炎」にまで重症化させた方も受診しています。

ごくごく軽い『 こころの風邪 』 症状の方のために、
いつの間にか重症化させてしまった方たちのためにも、 クリニックでは、 いろいろな治療法を準備しています。

『 こころの風邪 』 かな? と思ったら
‥‥ ご自分に合ったクリニックのドアを叩いてみて下さい
『 こころの風邪 』 を こじらせないうちに
・・・・・・・ 明日を明るく生きるために・・・

院 長  小林 和

院長プロフィール

小林 和 [こばやし かず]

精療クリニック小林 院 長

徳島大学医学部卒、精神科医
[主研究領域]
精神療法、精神分析学、児童青年精神医学

[資 格]
精神科専門医、精神科指導医、児童青年精神医学会認定医、産業医、精神分析学会認定精神療法医、同認定精神療法医スーパーバイザー

 

[来 歴]
 1979年に標準型精神分析療法を専門にした自費診療所として開院。

クリニック開設後1986年に関西初の精神分析セミナー「関西精神療法研究会」を立ち上げ、自らの研鑽とともに後進の育成にも取り組んで27年間継続。以来一貫してこの治療姿勢を貫き現在に至る。精神療法が評価され始め、時代が追いついてきた事をうけて1992年に保険診療を導入。

 1995年阪神淡路大震災では、全国からの精神科医・心理士・看護師などのボランティアを組織して「震災ストレスほっとライン24時間」を開設。14ヶ月間で4396件の相談に応じて、PTSD発症予防に貢献した。

 2000年からデイケア部門を増設し、個人を対象にした臨床にとどまらずに、心病む人と社会との架け橋になる臨床活動へと拡げた。児童青年精神医学にも精通し、青少年が関与する痛ましい事件や事故などのコメンテーターとしても活躍。

 

報 道

震災ストレスほっとライン24時間 ~ NHKおはよう日本 1995.2.10

報道リストを見る

1995年02月10日NHKおはよう日本
1995年03月16日TBS NEWS23
1995年04月19日NHK 生活ほっとモーニング
1995年05月17日NHK ETV特集
1995年05月26日TBS NEWS23
1995年07月01日SUN-TV 心のリラックスを求めて
1995年12月22日SUN-TV NEWS
1996年01月23日ABC-NEWS
1996年04月29日いまだ癒えず 柳田邦男の阪神大震災
1996年12月26日NHK 96にっぽん社会編
1997年01月14日NHK-ETV特集
1997年02月15日ネットワーク117
1997年09月26日ABC-NEWS 神戸連続児童殺傷事件
1997年09月26日読売-NEWS 神戸連続児童殺傷事件
1997年09月30日読売-NEWS 神戸連続児童殺傷事件
1997年10月02日フジ-NEWS 神戸連続児童殺傷事件
1997年12月31日ニュースタックル
1999年12月22日毎日-NEWS 京都・日野小児童殺害事件
2001年02月26日これからのメンタルヘルス
2001年06月11日読売-NEWS 付属池田小事件
2003年03月15日ネットワーク117
2003年07月10日読売-NEWS 長崎男児誘拐殺人事件
ほか

提 言

「こころ環境」を考える ~NHK 視点・論点 2002.8.30

最近の取材・講演・講話・セミナー・ペーパー等

「私の20年」阪神淡路大震災特集 毎日新聞 2015.1.19

「被災地でメンタルケアの大切さ 広げる」兵庫保険医新聞 2012.8.25

「被災者への関心向け続けて」 讀賣新聞 2011.11.17

2018年4月 日本医師会雑誌 第147巻 第1号 「環境による健康リスク」
2017年5月 兵庫医師会報No.750 「診断書の重み」
2017年3月 兵庫医師会報No.748 「あぁ、社会福祉政策」

2001年1月 兵庫医師会報No.567 「余生 ~もう一つの人生 ~」

兵庫医師会報2017年5月No.750

診断書の重み

兵庫医師会報2001年1月No.567

余生 ~もう一つの人生~

兵庫医師会報2017年3月No.748
あぁ、社会福祉政策 

日本医師会雑誌 第147巻 第1号

編集者への手紙「環境による健康リスク」
2018年4月


2016.  9.24 「特定非営利活動法人こうのとりのゆりかご in 関西」
        副理事長就任    こうのとりのゆりかご in 関西 とは

2016.  3.19 「こうのとりのゆりかご in 関西」発足記念大会 
        記念講演ファシリテーター

2015.12.17 兵庫県立神戸高塚高等学校 教職員研修会

      「カウンセリングマインド」

2015.11.14 兵庫薬剤師会 基調講演 

      「薬剤効果をあげるための精神療法的関わり」

2015.  5.22 NHK神戸放送局 局内セミナー

      「勤労者のメンタルヘルス」

2014.11.  1 日本カトリック医療施設協会 50周年記念大会 特別講師
      「災害に学んだこと 支援を受けて~支援に関わって」

 

近畿大学臨床心理センター紀要 第6巻 2013年
精神科診療における精神療法・カウンセリングの必要性その功罪を考える2013.pd
PDFファイル 2.4 MB

クリニックの治療に係る概要と、その取り組み ~2016年9月の事例

当クリニックのインデックス
当クリニックのインデックス
お勧めの時間帯をお知らせ中
お勧めの時間帯をお知らせ中
お久しぶりのみなさまへ
お久しぶりのみなさまへ
 登録済みの方はこちらから
登録済みの方はこちらから

 ~ 外来予約で待ち時間を節約 ~

小規模精神科デイケア・ショートケア
 精神科デイケア・ショートケア
月間予定表
ダウンロードができます
社会生活技能訓練のご案内
社会生活技能訓練のご案内
様々な場面での対応力を高めます
様々な場面での対応力を高めます
毎週 金曜9時スタート
毎週 金曜9時スタート
お勤めの方に参加しやすいリワーク
お勤めの方に参加しやすいリワーク
次回は11月に開催予定です。
次回は11月に開催予定です。

キーワードでサイト内情報を検索

インフルエンザ神戸市流行状況
 ★スマートホンでもどうぞ
 ★スマートホンでもどうぞ
病院・医院検索のマイクリニック