独りぼっち   ・・・臨床医からのひと言

 

** 子どもたちに与えて下さい、独りぼっちの時間  **

 

何しろ忙しい子どもたち。そのことに気付いたのは1980年代後半だった。

「落ち着かない」からと母親に連れられてきたその少年は、まだ小学2年生というのに、「死ぬのが怖い」と言った。「生きる」ことさえ何のことだか分らないだろうに。

 


 毎週一回、一時間を遊戯療法で過ごした。治療もかなり進んだ頃、彼に問いかけた。

 『ねぇ僕! 一日、何でもしていい時間をあげたら、何をしたい?』

 漫画を読みたい・・・というだろうか? サッカーをしたいって言うだろうか? ××パークに行ってみたいって言うだろうか? TVを見たいっていうのかなぁ・・・?

 


 私の想像力の乏しさにあれほど打ちのめされた経験はない。

 「寝たいっ!」と、即座に彼が応えた。

 『寝たいっ??? 一日じゅうよ?』

 「一日中寝たい。」彼がもう一度、はっきりと応えた。

 小学2年生の彼が一日中寝たい・・とは、どういうことなんだろう?? 

 

 子どもたちの生活時間に関心を持ち始めた。あれから、30年。

 TVはもはや、自室に1台になりつつある。携帯電話は大人だと2台3台、子どもたちも所持するようになった。いつでもどこでも情報を発信し、情報を取得し・・・。眼には入らない電波はともかくとして、情報の渦に取り囲まれて、今われわれは生きている。

 

 そして今、私は子どもたちの成長が心配だ。彼らの日々に、静けさがない。

 絶えず音を聴き、絶えず誰かと話し、絶えず何かを見ている彼ら。沈黙の時がない。静まり返った時間を、静まり返った空間を、彼らは知らない。体験する暇(イトマ)がない。

 子どもたちの心の成長が心配だ。

 その人らしい、その子らしい思考は、澄んだ、澱みのない静けさの中で、その人の脳細胞が、その子の脳細胞が、何かを求めて静かに動き始める時に、生まれる。

 

 なぁ―んにもせずに、独りぼっちでいる時間。

 情報の渦が奪ってしまった。大人からも子どもたちからも。

 

 彼らに、子どもたちに与えて下さい。静まり返った時間を、静まり返った空間を!

 彼らの脳細胞が、静かに動き始める時を待つ静かな時間・・・・・を。

どっちに向かって生きようか迷っている脳細胞が、動き始める時間を・・・。

 待ってあげて下さい。

 

 その子らしく、その人らしく、彼の彼女の人生を生き続けられるように!!

 これから生きる80年・・・。

 

2010年8月25日 猛暑の夏の昼下がり

院長  小林 和

 

当クリニックのインデックス
当クリニックのインデックス
お勧めの時間帯をお知らせ中
お勧めの時間帯をお知らせ中
お久しぶりのみなさまへ
お久しぶりのみなさまへ
 登録済みの方はこちらから
登録済みの方はこちらから

 ~ 外来予約で待ち時間を節約 ~

小規模精神科デイケア・ショートケア
 精神科デイケア・ショートケア
月間予定表
ダウンロードができます
インフルエンザ神戸市流行状況
2019/1/11 更新
社会生活技能訓練のご案内
社会生活技能訓練のご案内
様々な場面での対応力を高めます
様々な場面での対応力を高めます
毎週 金曜9時スタート
毎週 金曜9時スタート
お勤めの方に参加しやすいリワーク
お勤めの方に参加しやすいリワーク
次回は11月に開催予定です。
次回は11月に開催予定です。

キーワードでサイト内情報を検索

 ★スマートホンでもどうぞ
 ★スマートホンでもどうぞ
病院・医院検索のマイクリニック